彼が言うには、滝の上のむこうには、砂防ダムが見えたそうです。



須佐の公民館で調べて頂いたら、
昭和2年から5年にかけて、山陰本線の難所大刈トンネル工事に
電気が必要で、この滝を利用して小さな発電所があったようです。

危ないと思いながら滝の上に登って、直ぐ足を滑らせて転んでしまい、
滝壺に落ちそうになりましたが、
レンズが出たままのカメラを岩に当てた事が気になり・・・
やはり衝撃で、動かなくなりました。仕方なく起き上がり、膝から血が出、
カメラは破れどうしよう、と思いながら、
無理やりレンズを押し込んだり、スイッチを切ったり入れたり、いらっていたら、
滑らかではないが動き出して、データーも残っていました。
嬉しくて嬉しくて、本当に来て見てよかったです。

大きな滝ではありませんが、きれいな、素晴らしい滝でした。
浄蔵貴所様の紙芝居に、竜神が住むような気配でありました 
と、書いてありますが、何処のことだろうと思っていましたが、
此処でしょうか?・・・・



鏡山神社のお祭りをして頂く宮司さまが、
此処は修行をするには良い所だが
滝が無いので勧められないと言っておられたので、教えてあげましょう。

毎年紙芝居を読んでいた子は、大人になり仕事で今年は読めませんでした。
                   (186p)

神社前の川です。
此処を上流へ30分



足場の悪い沢を上流に、上流に、ついに滝の音とともに、
渕が現れました。  来て見て良かった。
鏡山神社より、石ゴロゴロの川をジャバジャバ歩いてさかのぼる事30分
       その滝は有りました。
                       2016年1月3日

無理やりに登ってみました。
岩は湿った苔でとても滑りやすいです